花粉症

花粉症になってしまったら青汁を!

野菜不足を解消でき、健康に良いことは誰もが知っている青汁ですが、実は花粉症にも効果があることを知っているでしょうか。
ここではなぜ青汁が花粉症に効果があるかについて詳しく探っていきます。

寒い冬が終わり春の来るのを楽しみにしている人も多いでしょうが、花粉症の人にとっては手放しで喜べない理由は、春には花粉が多く飛び散る季節だからです。
花粉症の人におすすめなのが青汁で、花粉症に効くという結果が出ています。
しかし花粉症に効果があるのはケールが原料のものなので、くれぐれも選び方には注意して下さい。

ケールには、花粉症などのアレルギーに有効なフラボノール配糖体という成分と糖脂質が含まれています。
糖脂質と言う成分がアレルギー症状を抑えるのに効果がある理由は、マクロファジーという免役細胞を活性化させるからです。
そしてフラボノール配糖体にもこれと同じような作用があるため、花粉症に十分な効果を発揮してくれます。

花粉症の人は、鼻づまりや鼻水の他にも目のかゆみなどで仕事や勉強にも集中できなくなりますが、ケールの青汁を飲んで花粉症の症状が軽減された人はたくさんいます。
もちろん薬とは違い副作用や病気のリスクもないので、安心して対策できます。

花粉症には原料がケールでなければいけないと説明しましたが、他が原料の商品でも花粉症などのアレルギー症状の予防になります。
急に花粉症やその他のアレルギーを発症する人も最近では特に目立っていますが、これは免疫力が低下することが大きな原因となります。
免疫力の低下を引き起こすのは、食事を含めた不規則な生活習慣が大きな要因となりますが、最近では特に野菜不足な人が多く、さらに現代の野菜は昔よりも栄養分が少なくなっていると言われています。
青汁には1日に摂らなければいけない野菜の栄養分がしっかり配合されているので、野菜不足を補って、免疫力の低下を防ぐことができます。

このように、ケールの青汁 http://xn--bpwzip43g96g.org/05kale.htmlに含まれる成分が花粉症の改善に効果があることが分かっていて、その他を原料にしている商品でも、免疫力の低下を防いで花粉症などのアレルギーを予防する効果があります。