花粉症

青汁は離乳食に入れてもいい?

生まれたての赤ちゃんには母乳やミルクを飲ませなければいけませんが、離乳食を与える時期になると、できるだけ野菜からの栄養も与えようと、青汁を赤ちゃんに与えようと考える親も多くなります。
ここでは離乳食に青汁を使用してもいいかについて説明しています。

青汁を離乳食に入れてもいいかどうかは、条件付きで入れても大丈夫というのが答えです。
もともとは大人が飲むモノとして開発された商品で、離乳食を与える時期の子供に与える目的ではつくられていません。
しかし野菜そのものであることから、もちろん子供に与えても良く、その場合は適量を少しずつ与えるようにしましょう。

それには食物繊維が豊富に含まれているため、便が緩い赤ちゃんがそれを飲むことでお腹を壊すことも考えられます。
さらに大人にちょうど良い栄養分が配合されているので、栄養が多過ぎて体を壊してしまう可能性もあります。
したがって離乳食に入れる場合も、スプーン1杯程度の量からはじめて、様子を見て徐々に増やしていけばいいでしょう。

ただし青汁ならどの商品を与えてもいいわけではありません。
例えばカフェインは小さな子供には良くないので、カフェインの量はわずかでも、念のためカフェインフリーの青汁を選んだ方がいいでしょう。
安物になると、中国産の野菜を使用している商品も多く、農薬や添加物が含まれているモノも少なくはありません。
したがって、大事な赤ちゃんに与える時には、完全無添加で農薬を使用していないことをはっきり謳っている商品を選んで下さい。
授乳中に青汁を摂取するときも同じ注意が必要です。

特に甘くて美味しい青汁は子供も喜んで飲むかもしれませんが、甘味料には発がん性があるモノもあるので、配合されている成分にも十分に気を付けて下さい。
もちろん大人が飲む時にも、できるだけ安全な商品を購入することが、青汁選びの重要なポイントとなります。

このように、野菜の栄養分を補給できる青汁は、離乳食に混ぜて与えることは悪くはありませんが、配合されている成分を十分に確認してから、体に合わせて少しずつ与えて下さい。