花粉症

ラーメンに青汁を入れて食べよう

青汁の味がどうしても苦手で、健康や美容のために毎日飲みたいけど未だに勇気が出せないという人は多いでしょう。
そんな人のために最近では錠剤タイプで味を気にせず摂取できるものや、ゼリーにした商品も販売されています。
そして中にはそれを麺の中に混ぜ込んだ青汁ラーメンもあります。
ここではラーメンをはじめ、無理なく青汁を摂取できる方法をいくつか紹介します。
粉末、冷凍、錠剤青汁などいろいろなタイプの青汁製品が販売されていますが、どうしてもその苦みや臭みが苦手な人は、自分でつくったラーメンの中に入れてみるといいでしょう。
もちろんラーメンに限定して入れる必要はありませんが、スープにそれを適量入れてもそれほど味に影響を与えず、その独特な味や臭いを消すことが可能となります。
入れる量によっては悪影響を与えてしますケースもあるので、自分の好みに合わせて入れてみればいいでしょう。

その他には牛乳や豆乳やココアなどに入れるのは今では定番となっていて、ジュースに混ぜれば甘くなり不味い青汁を美味しく飲めるようになります。
粉末、冷凍、フリーズドライなどいろいろなタイプが今では販売されているので、料理に合わせてタイプを選ぶことで、無限のレシピをつくることができます。

粉末を水に混ぜてゼラチンと砂糖などの甘味を入れて冷蔵庫で冷やせば、オリジナルのゼリーも簡単につくることができます。
アイスやヨーグルトに混ぜれば美味しくいただけます。
ドレッシングやソースに混ぜ込むこともおすすめで、そうすれば元の味で臭みが消えて食べやすくなります。
スープに入れたりパンに塗って食べている人もたくさんいて、中には果物や牛乳などをそれにミックスした後で、冷凍庫で凍らせてアイスにして食べている人もいます。

このように、青汁は工夫すればいろいろな食べ方があり、今では麺に混ぜ込んだ市販の青汁ラーメンも販売されているほどです。
自分で麺に混ぜ込むことは難しいかもしれませんが、直接スープに入れたり、甘い飲み物などに入れるなど、無限のレシピがつくれます。