花粉症

冷凍粉末の青汁を購入しよう

青汁は様々な形状になって販売されています。
最近ではサプリメントと同じように粒状になって販売されているものもありますが、ここでは主に冷凍タイプの商品について詳しく探っていきます。

テレビショップングなどの通販で人気の商品は、青汁を乾燥させて粉末状になって販売されています。
大抵は1回分を1包にして持ち運びも便利になっていて、賞味期限も長いのが特徴です。

最近では青臭くない美味しい商品もたくさん販売されていて、健康食品としては爆発的な売上を誇っています。
しかしその形状からどうしても粉っぽいというデメリットもあり、さらに高温処理をしている商品も多く、もともと野菜に含まれる成分が破壊されて栄養分が少ない商品も目立っています。

これに対して冷凍タイプには、青汁をそのまま凍らせたモノと、急速解凍させてフリーズドライにしたモノがあります。
フリーズドライの青汁は、お湯や水で戻して飲むことになりますが、粉末とは異なり高熱処理をしていないため、栄養分が破壊されていないというメリットがあります。
またフリーズドライは場所もそれほど取らないので、保管が簡単というメリットもあります。

これに対してただの冷凍タイプは、そのまま凍らせただけなので鮮度は抜群で、のどごしも最高です。
しかしその分野菜そのモノの味が出やすいため、味が苦手な人も多いことは確かです。
冷凍青汁には濃縮タイプもあって、こちらも場所を取らないところが大きなメリットとなっています。
冷凍することで長い期間新鮮な状態を維持することができ、特別難しい製法が必要ない分、コストも安く抑えられます。
本当の野菜をそのまま飲むことになるので、水溶性の食物繊維が豊富に含まれていて、便秘解消効果も高いと言われています。

このように、青汁にはいろいろな形状がありますが、冷凍タイプの青汁には野菜そのものの栄養分がしっかり詰まっているところが大きなメリットです。野菜そのものを摂りたいという人は、粉末よりも冷凍タイプがおすすめです。