花粉症

栄養機能食品の青汁

栄養機能食品と聞いてもピンとこない人も多いことでしょう。
青汁は主に栄養機能食品として販売されていますが、ここでは栄養機能食品は何かと、特定保健用食品の違いについて詳しく探っていきます。

栄養機能食品も特別保健用食品のいずれも、健康に良い食品のことです。
それならどっちも同じなのでは、と考える人もいるでしょうが、これらは法律によってきちんと分類されています。

市販されているほとんどの青汁製品は、栄養機能食品であり、これは国が定めた栄養成分の基準に一つでも適合している食品のことです。
栄養機能食品は、健康には良いものだけれども、あくまでも薬ではなく健康補助食品なので、薬のように何かの病気に効果があることを謳って販売することはできません。
実際に青汁を飲めば、便秘解消効果や様々な健康効果を得られることは多くの人に知られていますが、もしもそれを謳って販売をすれば、薬事法という法律で裁かれることになります。

これに対して特定保健用食品とは、一定の健康効果を謳って販売できるモノです。
実は青汁にも特定保健用食品として販売されている商品はあります。
特定保健用食品はトクホと呼ばれていて、消費者庁の審査をクリアして認可を得なければその名前を表記して販売することはできません。
認可を得るためにはしっかりとした化学的なデーターと膨大なお金が必要となり、ある程度の資本がある企業でなければ簡単にトクホの認可を取ることはできません。

現在では数え切れないほどのメーカーが青汁を販売していますが、本当はトクホとして販売したいのに、仕方なく栄養機能食品として販売しているのが現実です。
トクホでなくてもそれと同じ、もしくはそれ以上に健康や美容に効果がある製品はたくさんあるので、あとは消費者がしっかり成分や安全性を判断した上で商品選びを行って下さい。

このように、市販されている青汁の一部には特定保健用食品もありますが、ほとんどは栄養機能食品として販売されています。
トクホとは違い健康や美容効果を謳えませんが、トクホよりも効果を望める商品がたくさんあるのが現実です。
ダイエット中に青汁で栄養を補給できるのでダイエッターに人気の健康食品なのです。